九州新幹線の駅

まさかこんなことになろうとは・・・・。
新大牟田は、予想に反して筑後船小屋と最下位争いをしている状況です。

まあ、あんなところに駅を作ったところで誰が使うかよ!って状態ですが。
大牟田は西鉄でもJR在来線でも福岡まで行くのが容易です。
新幹線には何のメリットもないと現時点では判断せざるを得ません。
価格→西鉄やJR快速とくらべてとても割高
時間→駅まで遠い、速達タイプはほとんどとまらない
便数→西鉄特急 2本/h 新幹線 1本/h

よく、新鳥栖・筑後船小屋・新大牟田・新玉名駅はいらなかったとかいわれますが、それは違うと思います。
大牟田に駅が設置されることは、昭和の時代から決まっていたことだからです。
そのあとから3駅が設置されることが決まったのです。
新鳥栖が、長崎本線乗り換えのためにと停車本数が優遇されていますが、現状ではほとんどの客が博多駅で乗り換えているというのが現状です。その分を久留米、欲を言えば新大牟田に割り振ったほうがいいのではと考えます。

当初からの計画で予定されていた駅ということと、一応12万都市の駅と言うことを考えると、他の駅より多少優遇されてもいいのではと思いますが、単独駅では厳しいでしょうね。荒尾・南関方面に近いという特性を生かして、平山温泉やグリーンランド方面へのバス路線の開設もいいかもしれません。いずれにしろ、このままでは新大牟田を使う人はほとんどいないということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック